カラスブログ2021年9月11日 旨いものは体に悪い?

スイカ

まだまだ暑い日が続く。そんなときには冷やしたスイカがたまらない。


スイカ

せっかくだからカラスにも分けてやろう。


スイカ

スイカが大好きなアディ。

ザクザクとクチバシが止まらない。


スイカ

数十秒で完食。

しかしスイカなんてほとんど水分だから、あまり大量に食べさせない方が良いだろう。実際に多少下痢気味になることもある。


スイカ

それにしても食べ痕がすごい。サメに咬まれたみたいだ。


ヤギ

モンジロウの大好物は岩塩。塩の塊である。


ヤギ

なぜかヤギは岩塩が大好きだ。


ヤギ

なめるだけでは刺激が足りないらしく、ガジガジと咬み始めた。


ヤギ

昼寝しながらも時々岩塩をなめている。


ヤギ

アルコール中毒ならぬ岩塩中毒といったところか。


そういえば昔、コーラが大好きな友人がいたのを思い出す。独り暮らしの彼の枕元には常にコカ・コーラのボトルが置いてあり、水を飲むようにコーラを飲んでいた。毎日1.5Lボトルを3本以上も飲んでいたそうだ。食事中もコーラ、居酒屋でもコーラ、ドライブのお供もコーラ、盆も正月もコーラ、いつも彼の左手にはコーラのボトルが握られていた。

そんなに好きならたまには差し入れしてやろうとコーラを持参したところ、彼は激高し「そんなのコーラじゃない!」と吠えた。私は戸惑ったが、すぐに自らの過ちに気が付いた。そう、私が手に持っていたのはコカ・コーラではあるが、よく見るとコカ・コーラ・ライトだったのだ。それは90年代に売られていた糖度の低いコーラである。それまでのコーラは糖度が高すぎて成人病の原因と名指しされ、健康志向に配慮して糖度を下げたものを発売したのだ。興味のない私にはどちらも同じような味に感じるが、コーラ中毒者、いやもとい、コーラ愛好家の人間にとっては「ライト」はコーラの名が付く偽物、すなわち臆病者の飲み物だ。本物はただ一つ、あの真紅のラベルこそが妥協なきコカ・コーラの証だったのだ。

彼のその後だが、多くの人が心配した通り糖尿病を発症したのであった・・・。

今では信じがたい話だが、昔はコーラに溺れて人生をダメにする人もいたのだ。


ヤギ

すっかり話が逸脱したが、寝ながら岩塩をなめるヤギの姿に昔の事を思い出してしまった。


ブログホーム

更新履歴

2021年9月11日 公開

News
ブログ