カラスブログ2021年6月13日 孤独なキツネ

ヤギ

モンジロウが何かの気配を察知し立ち上がった。


「誰か来たかな?」と、辺りを見渡すと・・・、

キツネ

「なんだ、いつものキツネか・・・。」


この地域にキツネは生息していないので初めて見たときは驚いたものだが、私はもう慣れた。遠いところから川沿いを旅してここにたどり着いたのだろう。仲間も家族もいない孤独なキツネだ。

2019年10月26日 ←キツネが初めて来たときのブログ

キツネ

誰か餌付けしているのか知らないが、あまり警戒心がないようだ。

地域に一匹しかいないキツネにエサやりをしたところで増殖するわけもなく、生態系が乱れる心配はないだろう。むしろ、腹を空かせたキツネが周辺の動物を襲う方が問題だと思う。


キツネ

近所の婆さんが犬と間違えてエサを与えているのかも?

「よーし、いい子だポチ」なんて言いながら・・・。


キツネ

以前はモンジロウと仲が悪かったのだが、今はどうだろう?


この日の様子が定点カメラに写っていた。

ヤギ

キツネの方からモンジロウに会いに来たようだ。


ヤギ

まるで「遊ぼうよ」と言っているみたい。


次の朝、彼は再びやって来た。

キツネ

モンジロウに会いに来たのだが・・・、


キツネ

モンジロウはあまり歓迎していないのかな?


キツネ

ちょっと気の毒だ。


キツネ

しばらく一緒にいた後、森に帰って行った。


キツネ

ここにはライバルがいなくて気楽だが、仲間もいない。


キツネ

独り寂しく森に帰るキツネであった。


ブログホーム

更新履歴

2021年6月13日 公開

News
ブログ