カラスブログ2021年1月31日 野生の力

カラス

これは昨年末、12月27日に撮影したハシボソのお父さんだ。

それまで縄張り争いに明け暮れていたハシボソ夫婦だが、この日は二週間ぶりにエサ台に降りてきた。

カラスブログ2021年1月1日 ←関連ブログ


カラス

久しぶりに姿を見せたお父さんだが、眼の周りに炎症を起こしていたのだ。


カラス

1月3日

正面から見ると左眼のかさぶたが膨張してきたことが分かる。


カラス

ずいぶん急速に症状が悪化したものだ。


カラス

どうやら眼瞼炎のようだが、原因はおそらく鳥ポックスウイルスか、あるいは脱毛を伴っているので真菌感染かもしれない。おそらく冬場のエサの乏しい時期に縄張り争いが続いたもので、体力を消耗し免疫力が低下したのだろう。 捕まえて治療するわけにもいかないし、投薬するにしても病原体が特定できないので無理だ。


仕方がないのでいつもより栄養価の高いエサを置いておくことにした。 好きなものを食べてくれ・・・。

きちんと食べているか、定点カメラで経過を観察することにした。

カラス

先にスズメが来て卵黄をついばんでいる。隣の豚肉には興味がないようだ。


カラス

そこにハシボソのお父さんが登場。スズメを追い払い豚肉を持って飛び去った。

肉ばかり食べていては栄養が偏るのでトマトなども置いてみよう。


カラス

しかしトマトには目もくれず卵黄を口いっぱいに詰め込む。

やはり、ハシボソガラスも動物性の食べ物を好むようだ。


カラス

次はモズが来た。彼の狙いはエサ台ではなく地面の虫だ。


カラス

あ、トマトにフンをかけた・・・。


カラス

そして誰もが寝静まった深夜2時に珍客が訪れた。これはミミズクの仲間だとおもうが、エサ台から周囲を見下ろし獲物を探しているのだろう。 この鳥は以前から定点カメラに写っているが、未だに直接姿を見たことがない幻の鳥だ。


これ以外にも定点画像には野良猫が頻繁に写っていたが、ハシボソのお父さんは毎朝決まった時間に来てしっかりエサを食べていた。


カラス

1月10日

正面から見ても左眼のかさぶたが目立ち、何とも不気味な立ち姿だ。視界が妨げられるだろうし、いろいろと不自由だろう。


カラス

しかしよく見ると、かさぶたが減ってきている。快方に向かっているのか?


カラス

当初から右眼にも少し症状がみられたのだが、それは悪化していない。


カラス

1月16日

あれからタイミングが合わずに数日の間撮影できなかったが、6日ぶりに観察すると眼の周囲のかさぶたがほとんど無くなっていた。


カラス

どうやら病気に打ち勝ったようだ。さすがは野生の生命力。


カラス

1月29日 炎症は完全に治り眼の周囲にわずかな痕跡が残るだけとなった。

一時はハシボソ夫婦の栄華も終わりなのかと寂しく思ったが、今回は見事な復活をみせてくれた。


さて、今年もまもなく子育ての季節。

カラス

今年はどんなドラマをみせてくれるのか?

ブログホーム

更新履歴

2021年1月31日 公開

News
ブログ