カラスブログ2019年8月25日 ハゲのカラス

ハゲのカラス


8月12日のブログ にハゲ頭を晒して登場したアディ。

その時はそれがハゲのピークだと思っていた。


しかし翌日

ハゲのカラス

彼のヘアスタイルはさらに後退した。頭のてっぺんからごそっり抜けたのだ。

まるで落武者のようなスタイルになり昨年とは少し様子が異なる。

(昨年の換羽の様子→ 「カラスの換羽」


ハゲのカラス

8月17日

ハゲはさらに進行し、このままでは本当にツルッパゲになるのではないかと思うほどだ。

でも大丈夫。新しい羽毛が産声を上げているのだ。


ハゲのカラス

抜けると同時に新しい羽毛が急成長している。

ハシブトガラスはこの季節に換羽を迎えるのだが、抜け方はカラスそれぞれ。

中にはこのようにハゲ頭になるカラスもいるのだ。双眼鏡片手に街のカラスを観察してみると、あなたの街でもきっと見つかるハゲたカラス。


ハゲのカラス

8月18日

新しい羽毛が次々と顔を出し頭皮を覆い始める。


ハゲのカラス

8月22日

最初に抜けた頭頂部から生えそろった。

落武者のようなスタイルから一転、今度はモヒカンスタイルに変化するのだ。


ハゲのカラス

ここで疑問が生じるのだが、なぜ頭の中央がハゲると見苦しく、逆だとそうでもないのか?


ハゲのカラス

こうして並べてみると理解が早い。サムライはマヌケな印象であるのに対し、モヒカンはクールで締まった印象を与えるのだ。

幕末に来日した欧米人は、あのサムライスタイルに衝撃を受けたそうだ。しかしあの奇抜なヘアスタイルに何の疑問も感じず、数百年も続けてきた我々日本人の美意識はいかがなものか。だれも「やめようよ」と言い出せない空気があったのだろう。


ハゲのカラス

そして今日、8月25日。

急速に成長する羽毛に覆われ、こうして換羽を終えるのであった。


< 本日のオマケ >
~カラス小屋の働き者~

ハゲのカラス

カラス小屋の床で蟻が一列になって何かを運んでいる。


ハゲのカラス

「わっしょい! わっしょい!」


カラスが落とした卵黄の破片を運んでいたのだ。


ハゲのカラス

こうしてカラス小屋の周囲を掃除してくれるのはいいとして、 この集団が屋内に入ってくると厄介である。

しかし、こいつらは意外にも制御が簡単なのだ。


ハゲのカラス

彼らはブドウなどの甘いものに目がない。

だから家の中に入ってきて困ったときは、甘いものを侵入口の外側に置いておけば家に入ることはなくなる。


ハゲのカラス

今回はその習性を利用して蟻を集めてみよう。

せっかくなので筆で絵を描いてみる。

ここに蟻が集合すればおもしろいアートになるだろう。


ハゲのカラス

数分で蟻が集まってきた。

彼らの甘味センサーはすごい。

それよりも行動力が凄まじいのだ。


ハゲのカラス

輪郭に沿って蟻が整列し徐々に絵が浮かび上がってくる。

いいぞ、その調子だ!


しかし・・・、


ハゲのカラス

うまくいきかけていたアートは崩壊。

一カ所に集中する習性があるようだ。

残念・・・。


ブログホーム

更新履歴

2019年8月25日 公開

News
ブログ