迷子カラスの情報

東京都にお住まいの方から、迷子カラスの保護情報です。

概要

人によく馴れているカラスを保護しました。 おそらく、飼育されているカラスが逃げ出し迷子になったものと思われます。

1月上旬の夜、道路を変わった歩き方で横切る生き物がいて近寄ってみるとカラスでした。 右の翼を骨折しているようで飛べる状態ではなく、一時的に保護しました。 後日、獣医師の診察を受けた結果は開放骨折であり、 翼の切断手術を受けるか安楽死を選ぶことになりましたが、 安楽死は避けたいと思い手術を受けました。 その後は自宅で包帯交換と抗生剤を飲ませて看病し、 今では容態は安定しています。

迷子カラスの特徴

ハシブトガラスです。あどけない雰囲気からおそらくまだ若いと思いますが、 口の中は完全に黒くなっています。 丸く大きな目で、とても愛嬌のある顔立ちです。

野生のカラスにはまったく反応せず、逆に人にはよく馴れています。 人の腕や肩に乗ったりするなど人間に対して何の疑いもなく信頼を寄せていることから、 ほぼ間違いなく人に育てられたカラスであると考えられます。

迷子のカラス 迷子のカラス

保護した場所

東京都多摩地区

連絡先

お心当たりのある方は、 カラスブログ管理人までメールをお願いします。

ホーム

更新履歴

2019年3月6日 公開

News
ブログ