カラスの飼育法 「飛べないカラスの一日」

日の出とともに起床

鳥類全般にそうだが、カラスも例外なく早起きだ。 日の出とともに、というよりも、 その前に薄明るくなってくると起床し、 鶏のように鳴き始める。 その鳴き声に飼い主も起こされるのだが、 このように早朝に起こされるのを避けるには、 就寝前にカラスのケージに覆いを被せて遮光すると良い。 暗い状態ではカラスは活動しないのだ。 カラスは体内時計よりも照度を基準に行動しているので、 この性質をうまく利用すれば、朝5時にカラスに起こされることはなくなるだろう。

朝食と水交換

朝食はカラスの起床後1時間以内に与える. 「寝坊して昼になった」と、いうことが無いようにしたい。 水浴び用の桶と飲み水をそれぞれ用意し、入れ替える。 このとき小屋の掃除もする。

カラスの朝食 餌については、 昼間も家にいて世話ができるなら、 少量ずつを2時間おきに手渡しで与えると良い。 この「手渡し」というのがポイントであり、 容器にエサを入れておくよりも、 手渡しの方が人によく馴れるようになる。

カラスの朝食 昼の間、留守にする場合は餌の容器にドッグフードをたくさん入れておくか、 右の画像のようにカラス用に作ったハンバーグ状の餌を与えると良い。 このサイズを与えておけば、食べきれない分をどこかに隠して、 腹が減るごとに少しずつ食べる。 カラスは水をよく飲むので、留守中に水を切らさないように、 水の容器は二ヵ所に分けると良い。

昼間

カラスは活発になる時間帯が決まっている。 一概には言えないが概ね起床後から午前中の間に活発になり、 この間に水浴びをしたり、さかんに鳴き声を発したりする。 昼間はおとなしくしていることが多い。 そして夕方になると再び活発になる。

夏の昼間は特にじっとしていることが多く、 野生のカラスも夏の昼間はあまり見かけない。 そう、カラスは暑さに弱いのだ。 カラスが口を開けっ放しにしているときは、 暑いというサインだ。 屋内飼育の場合は室温を下げるようにしたい。 屋外飼育の場合は必ず断熱屋根と日陰を用意する。

夕方

帰宅したときにカラスがすでに寝ている場合、 エサを与える必要は無い。 鳥は基礎代謝は高いが、 寝ているときはパソコンのスリープモードのように基礎代謝が低下するからだ。 だから無理に起こして餌を与える必要は無い。 カラスを寝かすときは部屋を暗くするか、 ケージに遮光カーテンなどをするとよい。 このとき、完全に遮光して真っ暗にしてはいけない。 カラスは人間と同じで寝ているときに夢を見るのだ。 そのとき、悪夢にうなされて起きた時に目が全く見えないと、 パニックになりケガをする可能性がある。

夜型の人間に合わせて夜半過ぎまで明るくし、その環境でカラスも起きている、 という状態はカラスの健康にとって良くない。 カラスは基本的に昼寝をしないので、 夜間に十分な睡眠をとらせる必要がある。

更新履歴

2017年8月27日公開

News
カラスブログ
管理人ブログ