カラスの餌付け

野生のカラスを近くで観察するのはなかなか難しい。 そこで餌付けをして、お近づきになろうと思う。 だが、今回の餌付けは元々はカラスの観察が目的ではなく、 カラスがゴミを漁るのを何とかしたい、と考えて思いついた策だ。 その狙い通りに餌付けの成功と同時期に、ゴミを漁らなくなった。 この餌付けしたカラスは元々、我が家の庭を縄張りにしていたので、 こいつらさえ手懐ければ、ゴミを漁られることはないのだ。 設置したエサ台もカラスたちの縄張り内の守備対象になり、 他のカラスを追い払っている。良いことづくめの奇策である。

だが待ってください!

住宅密集地では絶対にマネしないように! 縄張りが明確でない住宅街の場合、 カラスが群れを成してやってきて、そのうち「カラスおじさん」として有名になり、 TVで報道される羽目になるかも。

そして重要なことだが、エサをやるのは一日一回、最低限の量だ。 大量に与えると人への依存を深め、彼ら本来の生存能力を落とすことになる。 あくまで「おやつ」を与えているのだ。


カラスのエサ台 まずは庭に高さ2mのエサ台を設置する。猫が届かない高さだ。 だが警戒心の強いカラスたちはなかなかやって来ない。 だが、餌は翌日には無くなっているので、人がいない隙に取りに来るのだろう。


カラスのエサ台 1ヶ月後、ようやくその姿を捉えることができた。 かなり遠くから観察している。非常に警戒心が強い。 話すと長くなるが、私は訳あってこのカラスたちから嫌われているのだ。


カラスのエサ台 エサ台を家から離れたところに移動させたところ、 警戒心が薄れて姿を見せるようになった。 ご覧の通り巣立ち間もない子ガラスを連れてくるようになった。


更新履歴

2016年12月3日公開

News
カラスブログ
管理人ブログ