カラスの飼育法 「ヒナの飼育」

早めの栄養補給を  カラスのヒナを保護した場合、 なるべく早く栄養補給をする必要がある。 保護されるまでに何も食べていない可能性があり、 その場合は餓死寸前の可能性があるからだ。 飼育方法は、親鳥がやっているのに近い環境を作り出すことが重要だ。

ケガの有無を確認する  ヒナを保護した場合は、まず怪我の有無を確認しよう。 骨折している場合は、すぐに獣医師に診てもらう必要がある。 巣から落ちてきたヒナを保護した場合だが、 それは親鳥が育児放棄した可能性もある。 ヒナに奇形や持病があるなど、 成長が望めないと判断すると育児を放棄することがあるのだ。 ヒナに変わった症状がみられる場合は、対策を獣医師に相談するべきである。

子ガラス 保温が重要  羽毛が生えそろっていないヒナの場合、 保温が必要になる。 全身がハリネズミのようなトゲに覆われているようにみえるが、 それが羽毛の成長段階であり、その状態では羽毛の保温効果がない。
 その時期の室温は17℃くらいだろうが、 25℃くらいに保つのが理想である。
 さっきまで寒い外にいたではないか?と、思うかもしれないが、 巣の中では複数のヒナが体を寄せ合って保温しているのだ。 だから単独のヒナの場合は室温を上げる必要がある。 だからと言って、 カイロを密着させるなど局所的に温めるのはよくない。 あくまで室温を上げて、緩衝材などを詰めた巣のようなものを用意してやる。
 羽毛が完全に生えそろった後は、 特に保温する必要は無い。

ヒナのエサ 食べ物は何を与えればよいかというと、 カラスの場合はドッグフードと九官鳥の餌を混ぜて与えると良い。 だがここで忘れてはいけないのが、 それらのドライフードはお湯でもどす必要があることだ。 親鳥はエサを咥えてヒナに食べさせるのではなく、 いったん飲み込んでから吐き出したものを与えている。 この時に水分を同時に与えているのだ。 だが、人間がそのような与え方はできないので、 疑似的にそれに近い状態を作る。

子ガラスのエサ ドライフードをお湯でもどす  まずはドライフードを器に入れて。続いて45℃くらいのお湯を注ぐ。 そして数分間待つとドライフードがお湯を吸って膨らむ。

子ガラス これを摘まんでヒナの口元に持っていくと、 自然に口を大きく開けるので、 このように餌を放り込んでやる。 水分は餌に吸収した程度の量で充分。 水をガブ飲みさせる必要は無い。
 もし保護したカラスが口を開けない場合、 それはかなり具合が悪い状況である。 動物病院に連れていくか、 インジェクションの技術があれば自分で強制給餌してもよい。

その後の飼育

子ガラス カラスの幼鳥はエサを自力で食べることはできない。 それは野生のカラスでも同じで、 巣立ち後1ヶ月以上は親鳥からの給餌に頼っているのだ。 これは、目の前にエサが落ちていて、その時空腹だったとしても拾うことはしない。 したがって、この時期の子ガラスは誰かが常にそばにいて、 日の出とともに給餌を開始し、 1時間おきにエサを与える必要がある。 したがって、昼間は仕事で留守という家庭では飼育することは不可能である。 給餌方法を手渡しから置き餌に切り替えるタイミングは、 飛べるようになってからでよい。 同時に水の容器を用意し自力で飲めるようにする。 また、躾をする場合は餌の手渡しを継続していた方がやりやすい。

飛ぶ練習は?  ヒナは自然に歩く練習をし、続いて飛ぶ練習もするので、 飼い主はそれを補助し、怪我をしないように見守るだけで良い。

カラスとしての教育

巣立ち前のヒナを保護し、その後の放鳥を考えているなら、 カラスとしての姿勢を覚えさせる必要がある。 だがしかし、人間がそれをするのは非常に難しい。 巣立ち前に人間と一緒に暮らした子ガラスは、人間を親と思ってしまうからだ。 そんな場合は、放鳥を諦めて家族の一員として迎え、飼育を続けることをお勧めしたい。

更新履歴

2017年8月27日公開

News
カラスブログ
管理人ブログ